介護老人保健施設 FLORIS(フローリス)

top

フローリスとは

施設・サービス

ご利用の流れ

交通のご案内

最新トピックス

求人情報

フローリス 介護老人保健施設とは

皆さんが月々お支払されている介護保険の制度を利用して使っていただける高齢者施設です。

病院に入院しての急性期治療を終えられた後、衰えた体力や筋力の強化・維持を図り、スムーズにご自宅復帰されるまでの期間をお手伝い致します。
自治体の判定による介護認定を受けていただければ、基本費用のうち9割は国から給付されますのでご負担となる費用は大幅に軽減されます。

民間の有料老人ホームとは異なりますので、入居時に纏った費用は一切必要ありません。
要介護認定さえ受けておられれば「フローリス」の上質な介護サービスが リーズナブルなご負担額でご利用いただけます。

フローリス 介護老人保健施設とは

ご利用を希望される方がいらっしゃいましたら、まず「フローリス」にご連絡下さい。
施設のケア・マネージャーが介護認定からご見学、ご入所までのご相談をお承り致します。
身近にご高齢者の生活に関する相談を必要となさる方がいらっしゃいましたらご遠慮なく「フローリス」までお問い合わせ下さい。

当施設がご提供するサービス 
入所 (施設入所サービス)

高齢者の日常生活に必要な身体機能の維持向上を目指し、セラピストによる専門的な指導と最新のリハビリテーション機材を使用しての安全で効果的なリハビリテーションを受けて頂きます。
現在、医療の分野では、病院でのリハビリテーション期間が短縮傾向にあります。
今後は「フローリス」のように、リハビリテーション設備の充実した施設が、高齢者の身体機能維持や介護予防の為の社会的役割を担う位置にあります。

ショートステイ (短期入所療養介護サービス)

「フローリス」では特に高齢者の生活の“質”に注目し、清潔で明るい住環境の提供とともに日々のお食事にも心配りをいたします。 
外部からの給食は一切使わず、施設の管理栄養士が、お身体の状態に配慮した献立を立て、ホテル出身のキッチン・クルーが、季節の変化に富んだ素材を厳選し、味覚にも見た目にもこだわった食事をお出し致します。
温かく美味しいお食事でお身体と共に“心”も健康で前向きになって頂きます。

デイケア(通所リハビリテーション)

施設にはドクターが常駐し、各フロアに看護師を24時間配置しておりますので、日々の体調管理・お薬の管理等、介護にとどまらない医療的な体制は万全を期しております。
万一、体調に急変が生じた際にも、速やかな判断で、提携の協力病院への搬送が可能です。
また日常生活のお世話をする介護スタッフは介護福祉士を中心に、知識・技術だけでなく高齢者の心のあり方や、個人の個性を理解したうえでの介護を心がけております。

フローリス 介護老人保健施設とは

介護老人保健施設は、病院での治療・看護の必要は無いが、医学的管理・看護の下に於ける介護及び機能訓練(リハビリテーション)その他必要な日常生活上の介護を行うことにより、入所者がその有する能力を最大限に利用し 自立した日常生活を営むことが出来るように援助すると共に、居宅における生活への復帰を目指す為の施設です。

入所時に、ご本人様のリハビリ計画を作成し、その進捗状態によって在宅に復帰して頂いております。
リハビリの進捗状態は、約3ヶ月毎に医療・リハビリ・介護あらゆる面から評価の見直しを致します。
それに基づきリハビリの継続が必要と判断された方には、継続してご利用を頂いております。
従いまして、入所時に<入所期間>の限定はございません。

上記のようなリハビリの成果によって在宅に戻って頂くケース以外には
● リハビリによる 回復・在宅復帰の可能性が見られない場合
● 医療的な措置が必要な状態・緊急入院が必要であると 施設医が判断した場合
(施設にドクターは常駐しておりますが、本格的な医療行為が必要な場合は協力病院に依頼いたします)
● 施設での生活上他のお客様への迷惑行為や器物破損、職員への暴力行為 などの著しい行動が見られた場合
などの理由でご退所・他施設へのご転床をお願いすることがございます。

フローリス 介護老人保健施設とは

介護老人保健施設では「比較的安定している病状について」の医療は施設対応とされており、施設入所中の医療管理、投薬管理は施設医の判断により看護・介護スタッフが行います。
従ってフローリスご入所中は、医療保険利用で外部医療機関や薬局にかかられる場合はフローリス施設医の指示に従っていただきます。
(介護保険のご利用で入所されている期間は医療保険の適用範囲に制限があります)
お客様の状態やご都合で、保険医受診並びに医薬品を常時必要とされる場合は、入所契約時にご家族がその内容を必ず把握の上、フローリスの相談窓口でご相談下さい。

フローリス 介護老人保健施設とは

緊急・重篤の場合は、施設医の判断により協力病院に搬送いたします。 
この場合は即時、施設退所となりますので、医療保険をご利用いただけます。
協力病院 ; 西宮協立脳神経外科病院、大原病院、日生病院、昭和病院、
黒田歯科医院

フローリス 介護老人保健施設とは

当施設は個室中心の居室配置ですが、多床室も6室ございます。
入所時、多床室に空室がある場合は、お申込順に順次ご入所いただいておりますが、常時空室待ちの方がいらっしゃる状態ですので、多床室に限り3ヶ月を超えてリハビリの継続が必要、若しくは引き続きご利用を希望される場合には、個室が空き次第、個室契約の上お部屋の移動をお願いすることがございます。

All rights reserved.